4代目プリウスが発売になりました。トヨタのヤル気を感じます。4WDも発売。

あのプリウスがついに発売になりました。

遂に40.8km/Lという燃費を実現しました。全部ではないですよ。廉価版のグレードで軽いからですw

ま~現実には30あればいいほうだと思う(勝手な妄想)

そして、デザインはカッコ悪いと思ってます。。。

が段々と見慣れてきてしまって、福山君が横にいるからでしょうか?

『馴染んで』きました(笑)

ということでプレスリリースになります。

TOYOTA、新型プリウスを発売

-走行性能の大幅向上を図るとともに、JC08モード40.8km/Lの低燃費を実現-

 

pri1512_23_s 

TOYOTAは、プリウスをフルモデルチェンジし、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、12月9日に発売した。

pri1512_01_s

 新型プリウスは、歴代より実現してきた優れた環境性能にさらなる磨きをかけ、「E」グレードにおいてはクラス*1世界トップレベルの40.8km/L*2を実現。また、その他の2WD車においても37.2km/L*2、新たに投入したE-Four(電気式4輪駆動方式)車は34.0km/L*2の低燃費を実現し、全グレードにおいて「平成32年度燃費基準+20%*3」を達成するとともに、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル*4」の認定取得とあわせ、「エコカー減税」の免税対象とした。

pri1512_09_s
 さらに新型プリウスは、「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、Toyota New Global Architecture*5(TNGA)の第1号車として投入。これにより、「低燃費」の実現とともにカッコよさを際立たせる「低重心スタイル」や「走りの楽しさ・乗り心地のよさ・静かさ」といった様々な基本性能を大幅に向上している。

pri1512_15_s

 なお、グレード体系は、より低燃費を追求した「E」、基本装備を充実した「S」、衝突回避支援パッケージ“Toyota Safety Sense P”をはじめ先進装備を充実した「A」、「A」の装備に本革巻きのステアリングホイール・本革シートなど、上級装備を充実した「Aプレミアム」を設定。「S」「A」「Aプレミアム」には“ツーリングセレクション”を設定し、215/45R17のタイヤ&アルミホイールや合成皮革表皮のシート*6などを装備した。

pri1512_14_s
 また、E-Four車においても「S」「A」「Aプレミアム」ならびに、各グレードに“ツーリングセレクション”を設定した。

  1. ハイブリッド車(プラグインハイブリッド車を除く)での比較(2015年12月現在、トヨタ調べ)
  2. JC08モード走行燃費。国土交通省審査値。従来型は32.6km/L(Lグレード)
  3. 省エネ法に基づき定められている燃費目標基準
  4. 国土交通省の低排出ガス車認定制度
  5. トヨタ自動車が全社を挙げて取り組む、クルマづくりの構造改革。パワートレーンユニットとプラットフォームを刷新し、一体的に新開発することにより、クルマの基本性能や商品力を飛躍的に向上させることを目指す
  6. Aプレミアム“ツーリングセレクション”は、本革シート表皮

pri1512_16_s

新型プリウスの主な特徴

  • 低重心パッケージによるエモーショナルなスタイル、先進的で温かみを持たせたインテリア
  • 最大熱効率40%を実現したエンジンの搭載をはじめ、モーター、トランスアクスル、パワーコントロールユニット、駆動用バッテリーといったシステム全体で小型・軽量化を実現。さらに約20%の低損失化を図り、「E」においてはJC08モード走行燃費40.8km/Lの低燃費を実現
  • TNGAの思想に基づくクルマづくりを実施。低重心パッケージに加え、ボディねじり剛性を約60%向上させた高剛性ボディやダブルウィッシュボーンリヤサスペンションの新採用などにより、走る楽しさや快適性が向上
  • 雪道での一般的な走行における発進をアシストすることにより、安定した走りを実現するE-Four(電気式4輪駆動方式)を開発し、プリウス初の4輪駆動として採用
  • 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、全車速追従機能付のレーダークルーズコントロールをはじめ、4つの先進安全機能をセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を「A」「Aプレミアム」に標準装備。また、ITS専用周波数(760MHz)による路車間・車車間通信を活用した運転支援システム「ITS Connect」を設定するなど先進の安全装備を充実。さらには、Bi-Beam(バイ・ビーム)LEDヘッドランプ、スマートエントリー&スタートシステムを全車標準装備とした

pri1512_11_s

販売概要

  1. 販売店:全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店
  2. 月販目標台数:12,000台
  3. 店頭発表会:12月19日(土)・20日(日)、
    店頭試乗会:2016年1月9日(土)・10日(日)・11日(月)
    • 生まれ変わったプリウスの走りの楽しさをより多くのお客様に体感いただけるよう、試乗車を全国のトヨタ販売店にて取りそろえるとともに、試乗された多くのお客様の声をWEBサイト(http://toyota.jp)を通じてご紹介するキャンペーンを2016年1月9日より展開予定

pri1512_12_s

生産工場

トヨタ自動車(株) 堤工場、高岡工場(2016年9月より生産開始)

pri1512_10_s

メーカー希望小売価格

pri1512_03_s

(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
    定員
(人)
ハイブリッドシステム 駆動 価格
(消費税込み)
 E リダクション機構付のTHSⅡ
(1.8Lエンジン)
2WD(FF) 2,429,018
 S 2,479,091
  “ツーリングセレクション” 2,628,327
 A 2,777,563
  “ツーリングセレクション” 2,926,800
 Aプレミアム 3,107,455
  “ツーリングセレクション” 3,199,745
 S E-Four 2,673,491
  “ツーリングセレクション” 2,822,727
 A 2,971,963
  “ツーリングセレクション” 3,121,200
 Aプレミアム 3,301,855
  “ツーリングセレクション” 3,394,145

pri1512_30_s

ウェルキャブ(メーカー完成特装車)

簡単操作で助手席を回転させ、座面を傾けることで乗降をよりスムーズにサポートする、助手席回転チルトシート車を設定[2016年3月10日発売]

  • ベース車と同等の座面角の実現により、長時間の乗車でも疲れにくく体への負担が軽減。さらに乗車時の目線はドライバーとほぼ同じ高さを確保するなど、快適性を向上させるとともに、よりベース車に近い乗り心地を実現
  • 標準タイプの“Aタイプ”と手動車いす用収納装置(電動クレーン)を装備した“Bタイプ”を設定

あわせて、フレンドマチック取付用専用車(タイプⅠ~Ⅳ)も設定[2016年4月1日発売]

ウェルキャブ メーカー希望小売価格

 
  ベース
グレード
定員
(人)
ハイブリッドシステム 駆動 価格*1
(消費税は非課税)
助手席回転
チルトシート車
“Aタイプ”
S リダクション
機構付の
THSⅡ
(1.8Lエンジン)
2WD
(FF)
2,651,891*2
E-Four 2,846,291*2
A 2WD
(FF)
2,950,363*2
E-Four 3,144,763*2
助手席回転
チルトシート車
“Bタイプ”
S 2WD
(FF)
2,525,000
E-Four 2,705,000
A 2WD
(FF)
2,801,000
E-Four 2,981,000
フレンドマチック
取付用専用車
“タイプⅠ”
S リダクション
機構付のTHSⅡ
(1.8Lエンジン)
2WD
(FF)
2,543,891*2*3
E-Four 2,738,291*2*3
A 2WD
(FF)
2,842,363*2*3
E-Four 3,036,763*2*3
フレンドマチック
取付用専用車
“タイプⅡ”
S 2WD
(FF)
2,689,000
E-Four 2,869,000
A 2WD
(FF)
2,965,000
E-Four 3,145,000
フレンドマチック
取付用専用車
“タイプⅢ”
S 2WD
(FF)
2,880,000
E-Four 3,060,000
A 2WD
(FF)
3,156,000
E-Four 3,336,000
フレンドマチック
取付用専用車
“タイプⅣ”
S 2WD
(FF)
3,211,000
E-Four 3,391,000
A 2WD
(FF)
3,487,000
E-Four 3,667,000
  1. 価格にはリサイクル料金は含まれない
  2. 助手席回転チルトシート車“Aタイプ”、フレンドマチック取付用専用車“タイプⅠ”は、消費税込み
  3. フレンドマチック取付用専用車“タイプⅠ”は、車両購入時に運転補助装置を装着した場合のみ消費税は非課税

以上がプレスリリースになります。既に5万台受注の4か月待ちだそうで。

スポンサーリンク