日産のティアナに自動ブレーキを標準装備した話。

日産のティアナに自動ブレーキを付けましたよ。

以下がプレスリリースになります。

「ティアナ」の一部仕様を向上、自動ブレーキを全グレードに標準装備

217097_l_dl0000511948

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は17日、「ティアナ」の全グレードに「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」および「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備し、1月6日より全国一斉に発売すると発表しました。

217099_l_dl0000511952

「ティアナ」は、初代から続く「モダン・リビング」、「おもてなし」のコンセプトに加え、優れた走行性能と快適性などがお客さまから好評を得ています。また、同車は平成26年度自動車アセスメント(JNCAP)の新・安全性能総合評価において最高評価の「ファイブスター賞」を受賞し、その高い安全性能が実証されています。

今回の一部仕様向上では、全グレードに「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」および「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備しました。

「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」は、フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知し、衝突の危険性があるとシステムが判断した場合にはメーター内の警告灯とブザーでドライバーに衝突回避操作を促します。さらに、万一ドライバーが安全に減速できなかった場合には緊急ブレーキを作動させて、衝突を回避または衝突時の被害や傷害を軽減します。

217100_l_dl0000511954

また、「踏み間違い衝突防止アシスト」は、フロントソナーとバックソナーにより障害物と自車との距離を検知し、約15km/h未満の低速時で前進・後退するときに作動します。壁などの障害物があるにもかかわらずアクセルペダルを強く踏んでしまったときに、メーター内の警告灯とブザーにより運転者に警報するとともに、急加速しないように車両を制御、またブレーキを自動で作動させて、衝突を回避または衝突時の被害を軽減します。さらに、ブレーキ操作が遅れて壁などの障害物に接近した場合、自動的にエンジン出力やブレーキを制御して障害物への衝突を回避、または衝突時の被害を軽減します。

日産は、2020年までに自動運転技術の段階的な実用化*1を目指しています。自動運転につながる要素技術である「認知技術」や「操作自動化技術」を活用し、これらの技術がもたらす安全性をより早くお客様にお届けしメリットを享受していただくために、「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」の採用車種を拡大し、2015年度中に日本で発売しているほぼ全てのカテゴリーに搭載を完了すると発表しました。今回の「ティアナ」のほかに、「セレナ」、「ノート」、「日産デイズ」、「日産デイズルークス」、「ジューク」、「日産リーフ」、「エクストレイル」に既に標準搭載を完了しています。

日産は、クルマがドライバーをサポートすることで更なる交通事故低減をめざし、自動運転技術の早期の実用化並びに搭載拡大を積極的に進めていきます。

*1 2016年末までに、混雑した高速道路上での安全な自動運転を可能にする「パイロットドライブ1.0」を、2018年には、高速道路での車線変更を自動的に行う、複数レーンでの自動運転技術を、2020年までに、交差点を含む一般道での自動運転技術を導入する予定。

<全国希望小売価格(消費税込み)> (単位:円)
駆動 グレード エンジン ミッション 価格
2WD XE QR25DE エクストロニック
CVT
2,563,920
XL 2,896,560
XV 3,196,800

エクストロニックCVT:無段変速機

以上がプレスリリースになります。

スポンサーリンク