光岡『Ryugi WAGON』(リューギワゴン)を発売!

光岡のリューギにワゴンを導入しました。ベースはカローラアクシオ/ハイブリッドですよ。

やりますね!光岡自動車!

以下がプレスリリースです。

光岡自動車『Ryugi WAGON』(リューギワゴン)を発表

ryugiwagon_ph05

この度、株式会社光岡自動車(代表取締役社長:光岡章夫 本社:富山県富山市)はミディアムクラスセダン『Ryugi』(リューギ)にステーションワゴンタイプの『Ryugi WAGON』(リューギワゴン)を新たに設定し、平成28年1月22日(金曜日)より全国一斉販売いたします。

ryugiwagon_ph06

『Ryugi』(リューギ)はコンパクトセダン『ビュート』とフルサイズセダン『ガリュー』の中間に位置するミディアムクラスセダンとして2014年6月に誕生し、『クラシカルハイブリッド』というほかにないジャンルで独自の路線を歩んでまいりました。

ryugiwagon_ph07

今回発表する『Ryugi WAGON』(リューギワゴン)も、ステーションワゴンならではのユーティリティをプラスし、『クラシカルワゴンハイブリッド』というキーワードでより高い付加価値を実現いたしました。

ryugiwagon_ph08

デザイン面ではフロントフェンダーから伸びるエッジの効いたキャラクターラインでワゴンならではの伸びやかさを表現しセダンとは異なるスポーティな雰囲気に仕上げました。

ryugiwagon_ph09

又、多彩なライフスタイルを想定し、セダンよりも多い7色のボディカラーを設定やオプションも充実させ、これまでのクラシカルラインナップにはないアクティブなユーザーも楽しむことが出来る仕様となっています。

ryugiwagon_ph11

車名の由来となった『流儀』の意味は『ある物事に対するその人なりの、やり方、スタイル』です。光岡自動車のアイデンティティーともいえる縦型ラジエターグリルに丸型ヘッドランプを配備し、メッキ加工を施した前後のバンパー部分に厚みを持たせることで、ミディアムクラスゆえども、堂々たる存在感を主張しています。

ryugiwagon_ph12

また、ディテールへの拘りも忘れていません。ラジエターグリル上面に貼付するエンブレムの素材には、伝統工芸のひとつでもある『七宝焼き』を採用しました。

ryugi_ph01

伝統的な様式美を守り、個性的でありながらも最新の技術によって環境への配慮を両立。伝統と先進が、絶妙なブレンドで他にはない。深い味わいを醸し出し、独特な存在感を構築しています。

ryugi_ph02

それはまさに私達なりの流儀。私達は新たな一歩を歩みだします。

クラシカルでありながら、ステーションワゴンの実用性とハイブリッドの環境性能を兼ね備えた誰にも似ていない新たな価値観を持ったリューギワゴンには、きっと素敵なドラマが待っているはず。それは、誰にも似ていない大人の冒険の始まりかもしれません。

新型車『Ryugi WAGON』(リューギワゴン)をご堪能頂けましたら幸いに存じます。

車両概要

発売日:平成28年1月22日(金曜日)

車輛寸法:全長4,510mm、全幅1,695mm、全高1,475mm(4WD:1,500mm)

グレード及び車両本体価格

駆動 グレード 排気量 ミッション 車両本体価格 車両本体価格(消費税抜き価格) エコカー減税
自動車取得税 自動車重量税 自動車税
2WD 15ST 1500㏄ 5MT 2,499,120円 2,314,000円
CVT 2,752,920円 2,549,000円 60%軽減 50%軽減 75%軽減
15DX 5MT 2,868,480円 2,656,000円
CVT 3,011,040円 2,788,000円 60%軽減 50%軽減 75%軽減
HYBRID 電気式無段変速機 3,398,760円 3,147,000円 60%軽減 50%軽減 75%軽減
4WD 15ST 4WD CVT 2,970,000円 2,750,000円
15DX 4WD 3,161,160円 2,927,000円

以上がプレスリリースです。

スポンサーリンク